ベジタリアンも楽しめる、雪国の食文化に触れる旅【1泊2日・十日町駅発着(東京から2時間)】

3名〜4名
¥50,000
5名以上
¥40,000
利用日
人数もしくは手配数

利用日を選択してください

2020年7月
      1- 2- 3- 4-
5- 6- 7- 8- 9- 10- 11-
12- 13- 14- 15- 16- 17- 18-
19- 20- 21- 22- 23- 24- 25-
26- 27- 28- 29- 30- 31-

◯…開催日 -…不可

2020年8月
            1-
2- 3- 4- 5- 6- 7- 8-
9- 10- 11- 12- 13- 14- 15-
16- 17- 18- 19- 20- 21- 22-
23- 24- 25- 26- 27- 28- 29-
30- 31-          

◯…開催日 -…不可

2020年9月
    1- 2- 3- 4- 5-
6- 7- 8- 9- 10- 11- 12-
13- 14- 15- 16- 17- 18- 19-
20- 21- 22- 23- 24- 25- 26-
27- 28- 29- 30-      

◯…開催日 -…不可

2020年10月
        1- 2- 3-
4- 5- 6- 7- 8- 9- 10-
11- 12- 13- 14- 15- 16- 17-
18- 19- 20- 21- 22- 23- 24-
25- 26- 27- 28- 29- 30- 31-

◯…開催日 -…不可

2020年11月
1- 2- 3- 4- 5- 6- 7-
8- 9- 10- 11- 12- 13- 14-
15- 16- 17- 18- 19- 20- 21-
22- 23- 24- 25- 26- 27- 28-
29- 30-          

◯…開催日 -…不可

2020年12月
    1- 2- 3- 4- 5-
6- 7- 8- 9- 10- 11- 12-
13- 14- 15- 16- 17- 18- 19-
20- 21- 22- 23- 24- 25- 26-
27- 28- 29- 30- 31-    

◯…開催日 -…不可

関連する商品

¥21,600/1人
【電車】JR十日町飯山線 十日町駅集合 【高速道路】関越道 塩沢石打ICから車で30分 クレジットカード決済
2mもの雪が降り積もる雪国十日町の春は少しだけ遅くやってきます。雪解けと共に地域住民は春の息吹に触れられる山へアドベンチャーにお出かけをします。 このツアーでは、ローカルガイドと一緒に残雪の残る春の山々をを歩きながら、春を摘むトレッキングアドベンチャーツアーです。 その土地にまつわる地域の歴史や山々の歩き方など、ローカルガイドからいろいろお伝えしていきますよ。時には川を渡ったり、石の上を歩いたり、傾斜のある山を登ったり。 下山後にはお宿で自ら摘んだ春(山菜)を、地域のお母さんたちが美味しい食べ方を伝授しながら調理してくれます。 自分で摘んだ春を自らいただくのは格別です! 摘める春は時期によって少しだけ異なります。 ・ふきのとう:4月上旬がピーク。雪解けと共に芽を出す最も早い山菜です。独特の苦味を持ち、天ぷらや味噌とあえて食べられます。 ・コゴミ:4月半ばから下旬がピーク。休耕田などの湿地帯に芽を出します。独特の食感がありますがクセがあまりなく、茹でたり天ぷらにして食べられます。 ・ウド:4月下旬から5月上旬がピーク。毎年同じ場所で傾斜のある山に芽を出します。比較的大きな山菜で独特の香りがあり、茎は和え物に、葉は天ぷらにして食べられます。 ・木の芽:4月下旬から5月半ばがピーク。アケビと言われる果実の新芽。爽やかな苦味と香りを持ちます。茹でて生卵と醤油を掛けて食べられます。 ・わらび:5月半ばから6月上旬がピーク。下処理に時間がかかりますが、各家庭で塩漬けなどにして保存することも多く、酢の物などにして食べられます。 爽やかな風を浴びながら、雪国のローカルな生活を体験してみませんか? このツアーのポイント ・豪雪でリセットされた山々をガイド付きで登ることができる ・美味しい空気を吸いながら、気持ちよく里山を歩くことができる ・自ら春を摘んで、自ら美味しく食べることができる こんな人におすすめ ・日本の原風景を見るのが好き ・里山を冒険してみたい ・キレイな風景の背景にある人々の暮らしに興味がある ・山菜を楽しみたい  
¥40,000¥50,000